一般社団法人 日本ガスケアプローチ協会

社団法人日本ガスケアプローチ協会

HOME>TOPICS

TOPICS

2018
10/18

『自分でできる骨盤底筋群エクササイズ』

イベントのご案内です。

出産経験者の方を対象にした『カワサキげんきプロジェクト:自分でできる骨盤底筋群エクササイズ』が

下記日程で開催されます。

11月28日(水)10:30~(総合川崎臨港病院)

11月29日(木)10:30~(川崎協同病院)

 

川崎市以外にお住まいの方も参加可能、各日ともに先着30名予約制(参加費無料)だそうです。

ご興味のある方はこちらの⇒ ガスケチラシ_180913-compressed

「お申し込み方法」をご確認の上、直接ご予約をお願いいたします。

2018
7/18

雑誌掲載のお知らせ

集英社の雑誌èclat(エクラ)2018年7月号に「ガスケアプローチ」「骨盤底筋群エクササイズ」の記事が掲載されました。ぜひご購読ください!

Web èclatはこちらをクリック

https://eclat.hpplus.jp/article/21162

 

2018
5/7

協会事務作業パートスタッフ募集

当協会では、協会運営に関わる業務作業を担っていただける事務担当者(パート)を募集しております。

詳細等につきましては、協会サイト内「問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

ご連絡、お待ちしております。

2018
4/13

★GW中の業務についてお知らせします★

連休中の業務につきまして、ご案内申し上げます。
土日および、祝日は研修会の受付業務・クラス受付業務など、お電話やメールでのお問い合わせ等への対応が出来ません。

頂きました研修会申込や、お問い合わせメールへの対応は、連休明けに順次対応させていただきます。
連休中、皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

2018
3/14

医師向け入門研修ご案内

『ガスケアプローチ入門 ~呼吸と姿勢とペリネを体で感じ臨床応用につなげる~』

これまで「ガスケアプローチには興味あるんだけど、3日間の研修はね・・・・」というご意見を頂いてきました。そのため、今年の夏、来日予定のガスケ医師と相談し、医師向けガスケアプローチ入門研修を開催することになりました。この研修はラベル別アドバイザー認定制度のための研修ではありませんが、ガスケアプローチの基本である呼吸と姿勢とペリネを体感していただける研修内容になっております。
「ガスケアプローチ、気にはなっていたんだけど・・・・」「ガスケアプローチって?」「1日だけなら行ってみようかな・・・」ぜひぜひこの機会にガスケアプローチに触れてみていただければと思います。研修についての詳細は『専門職向け研修案内』をご覧ください。

研修会日時;2018年7月21日(土)

研修会場;渋谷区東(日本ガスケアプローチ協会内)

2018
2/26

ガスケ医師,2018年7月研修会決定

ド・ガスケ医師講師による研修会のタイトルと日程が決定いたしました。
研修タイトルは「1-2-E;ペリネを徹底的に学ぶ~解剖生理からリハビリまで~」で日程は2018年7月19-20日となります。

この研修は、1-1-Dまたは1-1-A受講済の方を対象にした研修会で、ガスケアプローチにおける『周産期ペリネ教育ラベル』と『ペリネラベル』のレベル1応用研修に位置します。

ガスケ医師講師による「1-2-E;ペリネを徹底的に学ぶ~解剖生理からリハビリまで~」研修の受講受付を始めました。受講申込ご希望の方は、当協会サイトの「専門職種向け研修案内」等をご覧いただきご検討ください。

また、現在1-1-A(Dr/MW対象)、1-1-D(Dr/MW/Ns対象)、そして1-1-D(全職種対象)研修会受講者を募集しております。
基礎概念研修を受講ご希望の方、復習の為再度受講希望の方、レベル1応用研修受講希望の方、こちらの研修会も併せてご検討ください。

7月開催のレベル1応用研修「1-2-E;ペリネを徹底的に学ぶ~解剖生理からリハビリまで~」を受講希望の方で、基礎研修未受講の方は、基礎概念研修を7月研修までに受講して頂くことを条件に、1-2-Eの申し込みをしていただけます。

2018
2/15

ガスケアプローチ協会へお越しの方へ

クラス参加と研修会受講の皆様へお知らせです。

現在、渋谷駅東口周辺は2020年まで再開発のための工事が行われています。
そのため、渋谷駅から並木橋の日本ガスケアプローチ協会までの道順が大変わかりづらい状況になっております。

JR渋谷駅からハチ公改札または中央改札をご使用になった場合、東口に向かっていただき、明治通りを恵比寿方向に並木橋交差点へ向かっていただいております。現在、並木橋に向かっていただく前に渡る歩道橋の(東口の明治通りと玉川通りの交差点にあります)改修工事が行われているため、歩道橋にあったエレベ―ターが2ヶ所とも使用することができません。(迂回路、階段は使用できます)

特に産後クラスにお子様連れ参加予定の皆様には、エレベーターを使用することができないため迂回等が必要になり、ご不自由おかけいたします。
ベビーカーを使用して来場希望の方は、ご面倒ですが渋谷駅新南改札の新南口(埼京線湘南新宿ラインのホーム寄り)へ回っていただければと思います。また、渋谷駅と恵比寿駅から明治通りを通るバス(並木橋停留所下車)に乗車していただくこともできます。

大変ご面倒おかけいたしますが、どうぞ気を付けてお越しくださいませ。

2018
1/24

周産期ラベル のアドバイザーが誕生しました

日本のどの地域においても同じようにガスケアプローチを提供していけるよう、2008年から現在までに実施したガスケアプローチ研修会受講者のレベルアップと、レベルを均一に保つことを目的として、一定のレベルに達し認定を希望される方へ、協会より各ラベル毎にアドバイザー認定を行っています。

そしてこのたび、周産期ラベルのアドバイザーが誕生いたしましたので、アドバイザーの氏名、所属先を近日中に公開いたします。
アドバイザーは、所定の研修会受講後、申請していただいた方を対象に、ガスケアプローチの理論をご理解いただけていると協会が認定したものです。詳しくは当サイトの「研修について」をご確認ください。

※所属は勤務先の施設です。受診、お問い合わせ、ご予約等につきましては、その施設によって方法が違います。必ずその施設の対応方法をご確認ください。

2017
12/22

17‐11基礎概念研修受講者アンケートより

2017年11月に開催した研修会「ガスケアプローチ基礎概念(DrMWNS対象)」を受講された方から頂いた感想と、ご意見・ご要望をご紹介いたします。

・姿勢・呼吸・ペリネの大切さが解った。 自分の身体と向き合えた。 身体には各々個性があることを目の当たりにできた。(2名)
・具体的に体験することで実感しながら学べた。(3名)
・基礎から学べて良かった。(2名)
・グループで他の方にも触れて体感できて良かった。(2名)
・2日間で具体的な内容だったのでとても吸収できた。(2名)
・2日間の講義で頭の中が一杯なので一つ一つ確認しながら自分のものにしていきたい。
・患者さんからも良いと言ってもらえるので、これからも深く勉強したい。
・前回参会したときはとても難しいと思っていたポーズなど骨盤の動きを意識しながら 体験できたので前回に比べて理解できた。
・骨盤の模型を使いながら、ビデオを見ながら何度も同じことを説明する講義は解りやすかった。
・助産師として女性の身体の健康を守るという意味で、もっと女性の身体の生理学的特徴や面白かった。
・分娩だけでなく、妊婦、産褥全ての時期に活用できるので更に学んでいきたい。
・姿勢・呼吸・ペリネを意識してエクササイズしたり、体位をとったりするのが気持ちよかった。(2名)
・今回は基礎研修だったので、もっと知識や技術を深められるよう他の研修にも参加したい。(3名)
・同職種のクラスだったため質問や聞きたい事が理解しやすかった。(2名)
・時間配分も早くなく一つ一つ理解しながら次へいけるようになったので解りやすかった。
・講師と参加者の雰囲気もとても良かった。講師が本当に解りやすく楽しく教えてくれたので研修を受けて良かったと感じた。(3名)
・理論編のブラッシュアップをやってほしい。
・いろんな地域で開催してほしい。
・研修会の回数を増やしてほしい。
・同じ研修なら2回目は割引されると助かる。
・関西での開催を希望する。

貴重なご意見とご感想、ありがとうございます。
東京以外の地域での研修会開催については、優先的に検討する課題であると考えています。
研修会の開催回数については、ようやく春より毎月開催することができそうです。

多くの皆様にガスケアプローチの理論を体験していただきたく
また、日本中どこに居住していてもガスケアプローチの考え方に基づいたケアを受けることができるよう活動していきたいと思っています。

2018年3月と4月の研修会日程は公開中(2017年12月22日現在)です。
2018年5月開催予定の研修会は年明けに詳細公開と募集開始予定です。
詳しくは当協会サイト「専門職種向け研修会案内」をご覧ください。

2017
12/20

年末年始休業中の業務について

協会事務局年末年始休業中の業務につきまして、ご案内申し上げます。
2017年12月28日(木)より2018年1月4日(木)までの間、お電話やメールでのお問い合わせ等への対応が出来ません。
皆様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。