一般社団法人 日本ガスケアプローチ協会

社団法人日本ガスケアプローチ協会

HOME>TOPICS>お産後レポートのご紹介

TOPICS

2017
4/30

お産後レポートのご紹介

先日、お産後のママから頂いた産後の感想をご紹介いたします。
(この方は経産婦さんで、感想レポートの公開に対しご本人の許可を得ましたので、公開させていただきます)

『産前に意識して行った、排便の際にいきまず、背を伸ばして息を吐き、ポロっと押し出す練習が役に立った。
それまで、膣は前方にあるイメージだったが、実際は肛門側を緩めるとスルッと産めると知り、 出産は排便に近いと納得できた。
第1子の時は、いきむとお尻から何か出てきてしまう感じがして怖かったが、その感覚でいいんだと思うと、赤ちゃんがポロっと自然に出る感じがした。背を丸めて腹圧をかけると赤ちゃんが下りないが、息を吐いて背を伸ばすと子宮から赤ちゃんだけが自然にプッチンプリンのように出てくる。分娩台で FITやったら後陣痛が和らいだ。産後は円座使わなくてもあぐらの方が傷が痛くないというのが驚きだった。ただ、会陰の傷は痛むので日本にも産後ホメオパシーでペリネケアしてくれる人がいるといいのにと思った。
お産が上手に行く行かないは、助産師さんのリードによるところが大きく、1人では姿勢や力の入れ方がわからなかった。
第1子からヨガ、ピラティス、マタニティビクスなど色々経験したが、ガスケアプローチは 1 番ソフトにも関わらず、効果を一番感じることができた。それは理論に基づいていて、日常的な姿勢や動作を気を付けることで、分娩に役に立つ姿勢、呼吸、力の使い方が身についたからだと思う。産前はもちろん、産後ますます必要になってくる女性の体のケアの仕方だと思うので、産後も続けていきたい。』