一般社団法人 日本ガスケアプローチ協会

社団法人日本ガスケアプローチ協会

HOME>TOPICS>協会設立から2年

TOPICS

2016
9/3

協会設立から2年

ガスケアプローチは、「レシピ」「方法」ではありません。
人間が本来持っている生理的機能を充分発揮させるために、姿勢と呼吸を整えペリネ(骨盤底筋群)に働きかける身体的アプローチです。

研修会・クラス共に、生理的な腹式呼吸が行えるように姿勢を整えることを意識して進めていきます。背骨を十分に引き伸ばし、骨盤と肩との距離を最大限に遠ざける状態の姿勢が整った時、人間の身体は自然に腹式呼吸になります。この腹式呼吸にペリネの動きを合わせることで、しなやかなペリネ、体型作りにつながります。

特に産前産後は、ペリネに負担をかける可能性の高い時期なので、ペリネに大きな影響を与える呼吸や姿勢や生活習慣の意識づけ、産後のダメージを増長させず妊娠前の状態まで極力回復させる産後ケアなどが大切です。

一般クラスに参加された方、またはメールで「東京以外でクラス受けることができるところ、ありますか?」とご質問を頂くことがあります。
協会のクラスへも「里帰り中だから」「出張で東京に来たから」「近くで受けられないから」との理由から、東京以外にお住まいの方が参加されます。

そこで、ご紹介・・・・
院長先生ご夫婦をはじめ、スタッフの皆さん全員が、ガスケアプローチ研修会受講終了者のこちらのクリニックでは、空きがあれば院外で出産した方も「産後クラス」へ参加することが出来るようです。
みわレディースクリニック
NEWS

ガスケアプローチを必要としている方が、日本全国どこでも気軽にその方法にアクセスできるような環境作りが必要だと考えています。

これまで専門職向けに開催されたガスケアプローチ研修会は26回となり、医療施設単位で、または個人で参加された受講者は日本全国でおよそ370名となりました。
研修会受講者それぞれがガスケアプローチに基づいたペリネケアを実践し、日本中どこに住んでいても誰もがその恩恵を受けられるような状態になることを目標に、私たちは活動を進めていきたいと考えています。