一般社団法人 日本ガスケアプローチ協会

社団法人日本ガスケアプローチ協会

HOME>TOPICS>認定制度、受講済研修と移行措置について

TOPICS

2017
9/22

認定制度、受講済研修と移行措置について

ガスケアプローチ協会ではラベル別の認定制度を開始いたしました。
お問い合わせを何件か頂いておりますので、再度ご説明させていただきます。

ラベル別アドバイザー認定の為には、認定を希望されるラベルを「周産期ラベル」「周産期ペリネ教育ラベル」「腹筋運動;腰部とペリネの保護ラベル」「ペリネラベル」の中から選択し、そのラベル内の研修タイトルすべて受講して頂く必要があります。
ただし、アドバイザー認定ではなく、ガスケアプローチをいろいろな角度から習得したいとお考えの場合、また1度受講した研修タイトルではあるが復習のために再度受講したいなどの理由で同じ研修会を数回受講すること、また複数のラベルの研修を受講して頂くことは可能です。

アドバイザー認定をご希望の方で、過去受講者の方は、これまでに受講していただいた研修会が、どのラベルの、どの研修タイトルに相当するのかなど、詳しくはサイト内でご確認お願いいたします。
認定申請のために必要な研修会を順次開催予定ですが、現在のところ日時が決定している研修会は公開募集している研修のみとなります。

また、過去受講して頂いた研修会は、フランスのガスケアプローチ協会主催や、当協会発足前の当協会以外主催による研修会であった場合があります。受講済研修の移行措置につきましては、どこが主催であっても同じ移行措置となりますので受講された研修タイトルをサイト内でご確認ください。
また、当協会では、当協会とその前身の実行委員会主催の研修会を受講された方の個人情報のみ管理しております。そのため、主催者の異なる研修会を受講された方には必要時、受講証明書の提示をお願いいたしております。お手数をおかけいたしますが、過去受講研修会の受講証明書を紛失されませんようによろしくお願い申し上げます。